サウンドカード

提供: オーディオ入門
移動: 案内検索
スポンサーリンク


サウンドカード(Sound Card) もしくは サウンドボード (Sound Board) は、コンピュータに音響信号の入出力機能を付加、もしくは、強化する拡張用の回路基板のことです。

英語圏では、Sound Baord は、音響施設の操作盤などのことをさすため、パソコン用語としては、 Sound Board は使用されません。

接続方法

サウンドーカとパソコンの接続には、 PCI Express 、 PCI といったバスで接続します。 ノートパソコンの場合には、 ExpressCard型のモデルも存在します。

サウンドカードと同等なものとして、USBで接続できるモデルもあります。


サウンド機能の性能

サウンドカード、サウンドチップのサウンド性能を示す主な指標は、以下のとおりです。

  • サウンプリングレート(周波数)
  • 量子化ビット数
  • S/N比(Signal/Noise)

サウンプリングレート(周波数)

サンプリングとは、アナログの音声を一定の周期でデジタルデータに変換することです。 サンプリングレートは、音声データを1秒間に何回サンプリングするかを Hz の単位で表したものです。 サウンプリングレートが高いほど高音質になります。サンプリングレートが高いほど、データ量が増加します。

サンプリングレートの例を以下に示します。

  • 音楽CD 44.1kHz
  • DVD 192kHz
  • FMラジオ 33kHz

量子化ビット数

音声データをサンプリングするときに、音声データを何ビットのデータとして表現するかを示したものです。 量子化ビット数が大きいほど、音質が向上しますが、データ量も増加します。

量子化ビット数の例を以下に示します。

  • 音楽CD 16bit
  • DVD 24bit

S/N比(Signal/Noise)

一定の信号に対して、どれだけのノイズが混入しているかという比率です。 単位は、dB (デシベル)です。 S/N比が高いほど、ノイズがない音になります。

S/N比の例を以下に示します。

  • CDプレーヤー 110dB

サウンドカードの必要性

パソコンのマザーボードには、サウンド処理をするためのサウンドチップがオンボードとして載っていることが多々あります。 同時発音数の増加や多チャンネル化、音声の3Dエフェクト処理、といったオンボードチップでは難しい処理能力がゲームなどでは求められます。専用のサウンドカードのCPUで処理することにより、CPUの負荷軽減ができます。

オンボードのサウンドチップで処理をしている場合、環境によっては、音にノイズがのることもありますが、シールドのついているサウンドカードにすることにより、ノイズが減ることもあります。

オンボードのサウンドチップの標準的な性能は 24bit/96kHz以下、 S/N比100dB 以下のものがあります。 サウンドカードの標準的な性能は 24bit/96kHz以上、S/N比110dB 程度となっています。

PCI Express ならONKYO SE-300PCIE、 PCI なら SE-200PCI LTD がオススメできます。

サウンドカードの取付

サウンドカードを新たにパソコンに取り付ける場合には、以下の手順になります。

  1. PCI もしくは PCI Express にすでにサウンドカードがついている場合は、取り外す
  2. PCI もしくは PCI Express にサウンドカードを挿す
  3. サウンドカードに付属する CD 、もしくは、サウンドカードのメーカーのサイトからダウンロードした、ドライバをインストールする
  4. 必要に応じて、出力するサウンドデバイスの変更を行う

関連項目



スポンサーリンク