DAC

提供: オーディオ入門
移動: 案内検索
スポンサーリンク

DACとは

DAC とは、 Digital to Analog Converter のことで、デジタル - アナログ変換回路 (D/A変換回路)のことです。

デジタル電気信号をアナログ電気信号に変換する電子回路です。 D/Aコンパーター(DAC)とも呼ばれます。


CDプレーヤーやパソコン等のデジタル機器の内部で D/A変換を行うと、音にノイズが乗りやすいとされています。 そのため、DAC変換を別のコンポーネントに担当されることがあります。

DACには、以下のものがあります。

  • オーディオ用DAC
  • USB DAC

接続例

パソコン -> オーディオ用DAC -> アンプ

パソコン -> USB-DAC -> アンプ

オーディオ用DACは、音質を求める場合に利用します。

  • 価格が高くなります(安価なものもあります)
  • 5.1ch も出力できます
  • 高ビットレートに対応している可能性があります
  • USB端子付きのモデルも増えてきています

USB DACは、コストパフォーマンスを求める場合に使用します。 もちろん、高価なUSB DACもあります。

  • USB からノイズが乗ることがあります
  • 高ビットレートに対応してない場合があります
  • 接続が簡単です

どちらも高級機種があり、双方ともUSBで接続できたりするので、両者の違いは、小さくなってきています。

ポータブルヘッドフォンアンプとの接続

ポータブルプレイヤー に ポータブルのDAC、ポータブルヘッドフォンアンプ を接続することができます。



スポンサーリンク