カスタムカーネル

提供: FreeBSD入門
移動: 案内検索
スポンサーリンク


カスタムカーネル
かすたむかーねる

概要

カーネルは、FreeBSDの中核です。 カスタムカーネルとは、環境に合わせた、専用のカーネルのことです。

環境の構築については、make worldをご参照ください。

なぜカスタムカーネルを作るのか

FreeBSDカーネルは、モノリシックカーネルと呼ばれています。カーネルが巨大なプログラムであることを意味します。

FreeBSDをインストールした直後は、GENERICカーネルと呼ばれる汎用のカーネルで動作します。GENERICカーネルは、幅広いハードウェアで動作することを前提に作られています。 目的やハードウェアの構成によって、GENERICカーネルに過不足があるでしょう。

カスタムカーネルは、ドライバや機能を指定し、独自でビルドしたカーネルのことをいいます。環境や目的にあわせて、カスタムカーネルを作成することにより、以下の恩恵があります。

  • 追加のハードウェアをサポートできます。
  • メモリの消費量を減らすことができます。
  • 起動が早くなります。カーネルがシステム上にあるハードウェアだけをチェックするようになれば、システムの起動時間を短縮できます。
  • セキュリティ上のリスクを減るかもしれません。

コンフィグレーションファイル

カスタムカーネルを作成するには、コンフィグレーションファイルを作成します。 i386 向けのGENERICカーネルのコンフィグレーションファイルは、 /sys/i386/conf/GENERIC です。

カスタムカーネルの作成とインストール

i386 は、CPUのアーキテクチャに応じて、読み替えてください。

cd /sys/i386/conf/
sudo cp GENERIC MYKERNEL
sudo vim MYKERNEL
config MYKERNEL
cd ../compile/MYKERNEL
sudo make depend
sudo make
sudo make install

古いカーネル

カーネルをインストールすると /boot/kernel/kernel が上書きされます。 そのとき、古いカーネルは、 /boot/kernel.old/kernel にコピーされます。 もし、新しいカーネルで起動できないときは、/boot/kernel.old/kernel をロードして、ブートします。

関連項目



スポンサーリンク