スポンサーリンク

すぐに忘れるのでメモ。

perl環境変数USERPATH、やSHELLとかにアクセスする方法は、%ENVにアクセスするか、USERなどにアクセスする方法がある。

use strict;
use warnings;
use Env qw(USER);
print $USER, "\n";

use strict;
use warnings;
use Env qw(USER HOME PATH);
print $USER, "\n";
print $HOME, "\n";
print $PATH, "\n";

%ENVにアクセスするサンプルコード。

#!/usr/local/bin/perl
use strict;
use warnings;
use Getopt::Long;
use Pod::Usage;

foreach my $key (keys %ENV) {
	print $key, " => ", $ENV{$key}, "\n";
}

PATHを変更する方法として、配列でアクセスする方法と

use Env qw(@PATH);
push $PATH, '.';

文字列変数にアクセスする方法がある。

use Env qw(PATH);
$PATH .= ":.";

参考

perldoc Env


スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
いつもシェア、ありがとうございます!


もっと情報を探しませんか?

関連記事

最近の記事

人気のページ

はてなの人気のブックマーク

スポンサーリンク
 

過去ログ

2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

サイト

Vim入門

C言語入門

C++入門

JavaScript/Node.js入門

Python入門

FreeBSD入門

Ubuntu入門

セキュリティ入門

パソコン自作入門

ブログ

トップ


プライバシーポリシー