スポンサーリンク

sshコネクションが存在すれば、それを利用し、パスワードやパスフレーズの入力なしに、ログインすることができる。

ssh接続共有する方法は $HOME/.ssh/config に下記の設定をすること。

Host *
ControlMaster auto
ControlPath   /tmp/%r@%h:%p

1つめのターミナルでとりあえず、sshでログインする。
2つめのターミナルで1つめのターミナルでsshでログインしたマシンにログインする。
2つのsshは-vオプションを使ってやると、こんなカンジのメッセージが出る。
薫% ssh -v foo
OpenSSL 0.9.7e-p1 25 Oct 2004
debug1: Reading configuration data /home/kaworu/.ssh/config
debug1: Applying options for *
debug1: Applying options for *
debug1: Reading configuration data /etc/ssh/ssh_config
debug1: auto-mux: Trying existing master
Last login: Sun Sep 30 22:20:21 2007 from foo
省略


チャンネルを共有しているため、1つめのsshexit(ログアウト)しても、2つのめのsshが有効であると、1つめのsshコマンドが終了しない。
なので、1つめのターミナルを消してしまったりすると、2つめのsshが強制終了してしまうので、接続を共有する場合には、注意が必要かもしれない。
参照しているページ (サイト内): [2009-03-03-1] [2008-10-19-1]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
いつもシェア、ありがとうございます!


もっと情報を探しませんか?

関連記事

最近の記事

人気のページ

はてなの人気のブックマーク

スポンサーリンク
 

過去ログ

2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

サイト

Vim入門

C言語入門

C++入門

JavaScript/Node.js入門

Python入門

FreeBSD入門

Ubuntu入門

セキュリティ入門

パソコン自作入門

ブログ

トップ


プライバシーポリシー