スポンサーリンク

vimでファイルを編集していたら、行が長すぎて、ターミナルの幅に収まらなくなってしまったときに、なぜか、折り返してくれなくなってしまった。
そういうときには、wrapの設定が無効になっているので、

:set wrap

とコマンドを実行してあげると、画面の端で、行を折り返して表示してくれるようになります。

行の折り返し表示をやめるときは、

:set nowrap

を実行します。

$HOME/.vimrc に set wrap と書いておくとよいでしょう。

vim関連記事
[2007-10-24-3] vimのfindでヘッダファイルを簡単に開く方法
[2007-10-24-2] vim の visual modeで始点から終点をいったりきたりする方法
[2007-10-22-1] vimのスワップファイルを掃除する方法
[2007-09-17-1] vimでhtmlを出力する方法 TOHtml
[2007-09-16-1] vim 7に内蔵されているgrepはvimgrep
[2007-09-15-1] vimballをインストールする方法
[2007-09-14-1] vimのファイルタイプ(filetype)を変更する方法
[2007-08-31-1] firefoxでform(フォーム)をgvimで編集する方法
[2007-08-28-1] windowsのgvimでC-v(矩形選択)を使う方法
[2007-08-27-1] vimで挿入モードから戻ったらファイルを保存する方法
[2007-08-15-1] vimでyuiをオムニ補完する方法 Omni Complete
[2007-08-03-1] vimのオムニ補完でC++をもっと楽にする OmniCppComplete
[2007-08-02-2] vimでカレント行ハイライトする CursorLine, CursorColumn
[2007-07-29-1] vimが勝手に自動改行するのを回避する方法
[2007-07-26-1] vimのバッファ操作


スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
いつもシェア、ありがとうございます!


もっと情報を探しませんか?

関連記事

最近の記事

人気のページ

はてなの人気のブックマーク

スポンサーリンク
 

過去ログ

2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

サイト

Vim入門

C言語入門

C++入門

JavaScript/Node.js入門

Python入門

FreeBSD入門

Ubuntu入門

セキュリティ入門

パソコン自作入門

ブログ

トップ


プライバシーポリシー