スポンサーリンク

ThinkPadのWindowsをトレンドマイクロのウイルスバスターで久しぶりにチェックしてみると、なぜか、色々とウイルスが見つかる。Cドライブをネットワークにたいしてフルオープンにしてたせいかなと思うが、原因は不明のまま。

user32.dllからウイルスが検出されるが、そのファイルをOSをロックしているので、削除することができないとエラーが出る。なくなったらwindowsが動かなくなりそうなdllだなぁ、と思って、とりあえず、他の正常なWindowsのPCからuser32.dllをコピーしてくる。しかしながら、user32.dllを上書きすることができないので、下記コマンドでやってみた。
move user32.dll user32.dll.old
copy \tmp\user32.dll user32.dll

元のuser32.dllを他のファイル名にしてしまって、あらためにファイルを作れば、Windowsに何か言われることなく、user32.dllを更新することが可能です。
参照しているページ (サイト内): [2009-04-27-2]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
いつもシェア、ありがとうございます!


もっと情報を探しませんか?

関連記事

最近の記事

人気のページ

はてなの人気のブックマーク

スポンサーリンク
 

過去ログ

2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

サイト

Vim入門

C言語入門

C++入門

JavaScript/Node.js入門

Python入門

FreeBSD入門

Ubuntu入門

セキュリティ入門

パソコン自作入門

ブログ

トップ


プライバシーポリシー