スポンサーリンク

このドキュメントの内容は、以下の通りです。

はじめに


英語の勉強は、苦手な人にとっては、つらく、厳しいものです。英単語が覚えられない、英語が聞こえない・・・。英語を話せる人は、天才か、エスパーなのでは、と思わずにはやっていられません。英語の勉強なんかしなくても神(グーグル)がそのうち解決してくれるもん!って本気で思っている方も多いのではないでしょうか。でも、神(グーグル)が問題を解決してくれるまでは、ポンコツの英語力でがんばって戦い続けるしかありません(逃げ続ける戦略もあります)。

そんな中、英語の実力を測るベンチマークの1つにTOEICテストがあります。TOEIC のテストをはじめて受験するなら、TOEICテストの公式問題集をやって、練習をした方が良いです。公式問題集の問題を解いて、採点をすれば、だいたい、どのぐらいのスコアが取れるか、事前に知ることができます。

TOEICテストの出題形式が変わった


かなり前のことになりますが、2016年の5月に、TOEICテストの出題形式が変更されました。つまり、前から持っている、公式問題集が役立たずになってしまった・・・ということですね。一冊3000円ぐらいするので、正直、変えないでほしいですよ。

新形式に対応した問題集がすでに何冊も出版されている


知らない間に、新しい出題形式に対応した公式の問題集が何冊も出版されているではありませんか。1,2,3とか書いてあるやつと、書いてないのがあります。公式のページには、持っている問題集が、すでにレガシーと書かれています。

アマゾンを検索しても、見たことのない表紙が並んでいて、ベストセラーとか書かれているではありませんか。

結局、どれを買えばいいのか?


一番新しい 公式TOEIC Listening & Reading 問題集 3 を買えば良いということが解りました。

それはなんで?


なんで 公式TOEIC Listening & Reading 問題集 3 を買えば良いのかって?それは、アマゾンパイセンで、ベストセラー1位ですよ。間違いないですw
公式問題集で練習しておけば、テストの形式になれて、本番のテストで焦ることはありません。TOEICのハイスコアの方が、ひたすらTOEICテストの公式問題集をやっていただけで、スコアがアップしました、と言っていました。もともと英語力が高かったこともあるとは思いますが、TOEIC対策としては、公式問題集が一番のようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
いつもシェア、ありがとうございます!


もっと情報を探しませんか?

関連記事

最近の記事

人気のページ

はてなの人気のブックマーク

スポンサーリンク
 

過去ログ

2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

サイト

Vim入門

C言語入門

C++入門

JavaScript/Node.js入門

Python入門

FreeBSD入門

Ubuntu入門

セキュリティ入門

パソコン自作入門

ブログ

トップ


プライバシーポリシー