スポンサーリンク

このドキュメントの内容は、以下の通りです。

はじめに

CSVファイルでデータのやり取りをしているときに、CSVを読み込んで、処理をします。

CSVファイルをPythonで読み込んで、いろいろデータをいじり倒そうと思ったときに、1行1行読み込んで処理をすればいい場合ともっと先の行のデータまで処理が完了できない場合があると思います。

1行ずつ処理をする場合は、あまり困らないのですが、2行目、3行目のデータを含めて、1行目の処理をやり、2行目は、3行目から4行目、もしくは5行目まで必要となったときに、ファイルから1行ずつ読み込む方法だと、プログラミングが面倒になるかもしれません。いっそ、はじめから全部、リストや配列といったデータ構造に入れてしまったほうがプログラミングしやすくなると思います。

CSVとは

CSV とは Comma Separated Values の略です。日本では、 しーえすぶい と読みます。CSV は、データをカンマで区切って、格納します。

解決方法

Pythonでは、pandas モジュールを使えば、CSVを読み込み、リストにする、といったことが2行で書けます。

インストール

pandas モジュールをインストールします。pip コマンドを使えば、簡単にインストールできます。pip が使える環境であれば、以下のコマンドでインストールできます。
sudo pip install pandas

pandasを用いたプログラミング

CSV を pandas を使って、リストに読み込む方法です。
import pandas as pd
data = pd.read_csv("foo.csv").values.tolist()
これだけでリストになります。簡単でしょ。

csvモジュールを用いた方法

pandasモジュールを使わずに、csvモジュールとpythonだけでリストを作る場合は、以下の通りです。
import csv
f = open("foo.csv", "r")
reader = csv.reader(f)
data = [ e for e in reader ]
print(data)
f.close()

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
いつもシェア、ありがとうございます!


もっと情報を探しませんか?

関連記事

最近の記事

人気のページ

はてなの人気のブックマーク

スポンサーリンク
 

過去ログ

2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

サイト

Vim入門

C言語入門

C++入門

JavaScript/Node.js入門

Python入門

FreeBSD入門

Ubuntu入門

セキュリティ入門

パソコン自作入門

ブログ

トップ


プライバシーポリシー