薫のHack

Ubuntuにsplunkをインストールする

はじめにフリー版とエンタープライズ版ライセンスダウンロードインストール起動と停止ウェブインタフェ...

UbuntuのvimのError Required vim compiled with +pythonを解決する方法

はじめにエラー解決策インストールvim-gnome-py2のvimを起動する方法はじめにvim は非常にパワフルなエ...

Pythonで作ったCSVファイルをExcelで開くと文字化けする場合

はじめにCSVとは結論経緯Pythonの本を探すはじめにPython で作成した CSV ファイルを Excel で開くと文...

Pythonのモジュールをpipで一括アップデートする方法

はじめにアップデートできるパッケージの調べ方pip 本体をアップデートするpip でパッケージをアップデ...

Pythonでターミナルのテキストに色をつける方法

はじめにテキストに色をつける方法モジュールを使う場合fabric.colors を使うcolorama を使うマニュアル...

Pythonでテスト自動化ツールselenium WebDriverを操作する方法

はじめにブラウザを使うメリット事前準備seleniumモジュールのインストールchromedriverのダウンロード...

FreeBSDにHadoop2をセットアップする

はじめにインストール設定ファイルの作成namenodeのフォーマットnamenodeの起動datanodeの起動HDFSのテ...

Githubでプルリクエストした内容を更新する方法

Github で プルリクエスト を出した後に、ソースコードを修正する必要になったときには、同じブランチを...

RubyでのCSV処理のエラー

Ruby でCSVファイルを読み込んだときに、rubyが下記のエラーを出しました。/usr/local/lib/ruby/2.1/csv...

vimでsjisのファイルを開いて文字化けになったときの解決方法

vim でファイルを開いたら、文字化けになりました。nkf -g で調べるとファイルは、Shift_JIS と教えてく...

mingw32-make.exeを破壊してしまったのvimprocビルド環境構築

はじめに環境ダウンロードサイトインストール時の設定インストール中にエラーとなって、失敗するのでダ...

Vim コードのシンタックスチェックsyntasticのg++のC++11の設定

はじめに設定の例はじめにVimでプログラミングをしているときに、シンタックスチェックを自動化するため...

Windows7の環境構築

まっさらな Windows の環境構築をしなければならなくなったので、忘れないようにメモを残しておきます。...

WindowsでMinGWを使ってvimprocのDLLをビルドする

vimproc を mingw でビルドしようとしたら、失敗しました。$ make -f make_mingw64.makgcc -O2 -Wall -s...

MacのことえりがMacVimで勝手にローマ字入力がオフになるの続きの続き

以下のエントリで書いたことの続きです。[2014-03-05-1][2014-03-06-1]MacVimで改行すると「ことえり」...

Windowsのvimとneocompleteの様子がおかしい

はじめにおかしい結果はじめにおかしいのは、自分の環境でした。おかしいMacのMacVimも変ですが、window...

VimのハイライトがFreeBSDとUbuntuで違う

たまたま、FreeBSDにUbuntuからsshしていて、同じようなファイルを開いていたので気づきました。FreeBSD...

Ubuntu 14.04の環境構築

概要インストールgvimで日本語入力が概要FreeBSD使いがUbuntuをインストールして、環境を構築する物語で...

Ubuntuのvimでエラーが出てる

vimの中で何が起きているのでしょうか。/home/kaworu/.vimrc の処理中にエラーが検出されました:行 33:E...

sudoeditで開くとvimでfstabのファイルタイプがconfになる

はじめにそれはなぜか関連項目はじめにvimの個人の設定が生きるので、sudoedit を使うといいということ...

E575 viminfo 不正な先頭文字です コマンドライン

vimを起動したら、以下のエラーがでました。E575: viminfo: 不正な先頭文字です 行目: コマンドライン:w...

neocomplcacheをvim起動時に初期化する

vimでinsertモードになったときに、neocomplcacheの初期化でもたつくので、neocomplcacheをvim起動時に...

zshのanything.el/unite.vim zawを使ってみた

この間、zshのanything.el/unite.vim的なzawを使ってみました。zshを起動するといきなりzawのfilterが動...

MacのことえりがMacVimで勝手にローマ字入力がオフになるの続き

[2014-03-05-1] で書きましたが、MacBook ProでMacVimを使って、日本語入力をしていると、ときどき、勝...

MacのことえりがMacVimで勝手にローマ字入力がオフになる

MacBook ProでMacVimを使って、文章を書いてます。メモとってます。メールを書いてます。Macを使ってる...

vim Uniteを起動したらneomruが必要だった

Vimを起動して、Uniteをたちあげたら neomruがないと怒られました。unite.vim: Invalid source name "fi...

vimのvim-powerlineからpowerlineに乗り換える

vimのmodelineを究極にオシャレにするプラグイン Lokaltog/vim-powerlineを使用したのですが、いつの間...

vimでYou must install neosnippet-snippets

いつの間にか、vimを起動すると下記のエラーが出るようになってました。You must install neosnippet-sn...

Ubuntuでneovimをビルドしてみた

neovimの誕生コンパイル環境を整えますソースの取得ビルドneovimのバージョンの確認neovimの誕生21世紀...

FreeBSD 10.0-RELEASEをZFSでインストールしてみた

FreeBSD 10.0-RELEASEがリリースされたので、インストールしました。今まで、まったく使ってこなかった ...

git clone で error RPC failed result=22, HTTP code = 400

はじめにエラーに遭遇はじめにVM の環境の vimrc が古かったので、最新にして、NeoBundleUpdateしようと...

CentOS gvim をインストールする

はじめにインストールはじめにCentOS に gvim が入ってなかったので、インストールしました。インストー...

sudo visudo で vim が起動しなくなった

環境変数 EDITOR / VISUAL を vim に設定しても sudo visudo で vi が起動されてしまいました。しかたが...

ノートパソコンのバッテリーも長持ちになってきたから最強のメモ帳になれる

はじめにHaswell の Macbook Airはじめに数時間しかバッテリーが持たない ThinkPad を利用していました...

Windows GVimのメニューが文字化けした場合の解決方法

はじめに原因対処方法はじめにWindows で使っていた GVim のウィンドウのメニューが文字化けしてしまい...

制限付きのシェル RESTRICTED SHELL rbash

はじめにrbash の特徴使い方注意はじめにシステム運用アカウントのために制限付きのシェルが欲しいと思...

FreeBSD アスキーでイケてるテキストバナーの作り方

はじめにFreeBSD に figlet をインストールインストール参考サイト実行例はじめに/etc/motd をカスタマ...

vim unite-buildでビルドするとエラーが見やすい

はじめに設定設定 .vimrcインストールアップデート使い方はじめにunite-build を使用すると、非同期で m...

Vim unite-outlineでソースコード探索がラクチン

はじめに設定設定 .vimrcインストールアップデート使い方はじめにvim でコーディングしているときに、あ...

Vim neocomplcache のエラーの原因は、neosnippet を使ってないせいだった

はじめにNeoBundleLazy をやめてみた.vimrc の設定はじめにneocomplcache で補完するときに、エラーがよ...


最近の記事

はてなの人気のブックマーク

コンテンツを検索しよう

過去ログ

2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
プライバシーポリシー