スポンサーリンク

7 件 見つかりました。

1. [2010-08-27-1]

Windowsの無料ウイルス対策ソフトのまとめ[virus][ウイルス][security]

このドキュメントの内容は、以下の通りです。Avast アバストAvira AntiVir PersonalMicrosoft Security EssentialsAVG Anti-Virus Free EditionKINGSOFT Internet Security「なぜウイルス対策が必要なのか?」については、 [2010-08-26-1] の記事で説明しました。ウイルス対策ソフトウェアは、有償版と無償版があります。それらの違いは、主に提供される機能やサポートです。Avast アバスト有償版と無償版があります。無償のウイルス対策ソフトとしてシェアが高いといわれています。無償版では、リアルタイムのウイルス対策、ルートキット、疑わしい実行可能ファイルの検出(コードエミュレータ)、ヒューリスティックエンジンによるマルウェアの検出、疑わしい動作の検出、開かれているファイルと実行されたファイルのリアルタイム検査などが提供されます。Webシールドは、訪問したWebページを検査し、ダウンロードされたすべてのファイル、ページ、JavaScriptなどを調べてくれます。ダウンロードhttp://www.avast.com/ja-jp/index参考http://ja.wikipedia.org/wiki/AvastAvira AntiVir Personal有償版と無償版があります。無償版では、ウイルス、ルートキット、スパイウェア、アドウェア、ヒューリスティック検査などの対策機能が提供されます。Premiumバージョンには、Eメールスキャナが提供されます。ダウンロードhttp://www.free-av.com/jp/index.html参考http://ja.wikipedia.org/wiki/Avira_AntiVirMicrosoft Security EssentialsMicrosoftからウイルス、スパイウェア、ルートキット、トロイの木馬などの対策としてMicrosoft Security Essentials が無償で提供されています。Microsoft Security Essentialsは、 Windows Vistaに標準搭載のWindows Defender のほとんどの機能が入っています。そのため、Microsoft Security EssentialsをインストールするとWindows Defenderは無効になります。http://ja.wikipedia.org/wiki/Windows_Defender主な機能マルウェアのリアルタイム検出と駆除自動更新簡単に無料でダウンロードできる操作が簡単ダウンロードhttp://www.microsoft.com/security_essentials/?mkt=ja-jp詳細http://www.microsoft.com/security/portal/参考http://ja.wikipedia.org/wiki/Microsoft_Security_EssentialsAVG Anti-Virus Free Edition有償版と無償版があります。ウイルス、スパイウェア、ルートキット、メールスキャナー、リンクスキャナー、ヒューリスティックエンジン、USBメモリ経由のウイルスなどの対策の機能が提供されます。ダウンロードhttp://www.avgjapan.com/参考http://ja.wikipedia.org/wiki/AVG_Anti-VirusKINGSOFT Internet Security有償版と無償版があります。ウイルス、ファイアウォール、有害サイトブロック、パソコン診断、ファイルの実行やコピーの監視、メールの送受信、Internet Explorer使用時の悪意あるスクリプトやActiveXの実行防止などの対策機能が提供されます。無償版では、広告が表示されますが、無償版の機能制限がありません。サポート電話問い合わせの対応があります。ウイルスパターンファイルをクラウド型サーバで管理します。ダウンロードhttp://www.kingsoft.jp/is/index.html参考wikipwdia キングソフトインターネットセキュリティ
2. [2010-08-26-1]

なぜウイルス対策が必要なのか?[virus][ウイルス][security]

このドキュメントの内容は、以下の通りです。本当にスタンドアローンで使われているか?読み取り専用のメディアすらも信頼できないそのWebサイトは安全か?あなたの周りにあるパソコンは安全か?被害はあなただけのものではない無料で対策をするには?パソコンのデータの破壊や流出などから守るためには、セキュリティ対策が必要になります。被害者にならないためだけではなく、加害者にならないためにも対策は必要になってきます。ネットワークに接続されているパソコンや信頼できないデータが入っているUSBの記憶用メモリや読み取り専用・書き込み可能の区別なく光学メディア(CD/DVD)などのメディアを利用する場合には、対策が必要です。本当にスタンドアローンで使われているか?スタンドアローンで利用している場合には、本当にシングルで利用されていれば、問題はありませんが、ほかのインターネットに接続されたPCで、何らかの記録メディアに書き込んで、ファイルをスタンドアローンのパソコンにデータを読み込む場合には、ウイスル対策が必要になってきます。読み取り専用のメディアすらも信頼できない読み取り専用の光学メディアが信頼できないとしている理由は、悪意のある光学メディアを街中で配布(ティッシュや広告みたいに)することや郵送(広告などのダイレクトメールとか)で送りつけることが可能だということを考えてみてください。きっと、そのメディアをパソコンで確認してみたくなるような宣伝文句が添えられています。光学ドライブに光学メディアを挿入するとオートランによってプログラムが自動実行され、表向きは宣伝通りの何かが表示されているかもしれませんが、バックグラウンドでは、ウイルスやマルウェアがインストールされ、もう起動されているかもしれません。そのWebサイトは安全か?あなたのアクセスしているWebサイトは安全でしょうか?政府、企業のWebサイトの改ざんされることもあります。たとえば、Gumblarに感染している企業がいくつもありました。怪しいサイトにアクセスしていない、よく知られている企業のホームページにアクセスしていても、安全とは言い切れないのが明白です。あなたの周りにあるパソコンは安全か?パソコンには、ウイルス対策のソフトウェアが入っていますか?私のパソコンには、たいていインストールされていますが、別にウイルスで痛い目にあったからではありません。ただ、何も起きないように、保険的な意味合いでインストールしているだけに過ぎません。「痛い目にあっていない」というのは、そう思っているだけで、実は気付かない間に、もう何か起きているのかもしれません。家族のパソコンのウイルス対策ソフトは、本当に機能していますか?パソコンを購入してくると30日間有効なウイルス対策ソフトがついてきているかもしれませんが、すぐに有効期限が過ぎてしまいます。有効期限の過ぎたウイルス対策ソフトは、すでに意味がなくなっているでしょう。被害はあなただけのものではないあなたのパソコンがウイルスに感染することで、ダメージを受けるのはあなただけで済む、ということは、「ない」こともあります。それは、感染したウイルスによって、2次被害、3次被害を引き起こすかもしれないからです。感染したウイルスがメーラのアカウント情報を読み取り、アドレス帳に登録されているEメールアドレスや受信箱のメールのEメールアドレスを収集し、そのEメールアドレスへウイルスを送信するかもしれません。ボットネットに感染し、それが悪用された場合、スパム送信のためのプラットフォームとして利用されます。http://ja.wikipedia.org/wiki/Botnet昨年から日本で猛威を振るっていたGumblarのケースだと、Gumblarに感染した端末からFTPクライアントのID・パスワードが盗まれ、そのアカウントのホームページが改ざんされ、Gumblarを感染するコードが埋め込まれてしまいます。それによって、あなたのサイトに訪れたお客様がGumblarに感染してしまうかもしれません。つまり、あなたは被害者であると同時に加害者になってしまうかもしれません。http://ja.wikipedia.org/wiki/Gumblar無料で対策をするには?無料でウイルス対策を実現するには、 [2010-08-27-1] 無料ウイルス対策ソフト をお読みになってください。
3. [2010-08-08-1]

McAfeeがGIGABYTE GA-P35-DS4のドライバDVDにトロイの木馬を検出した[ウイルス][自作][security]

GigaByteのマザーボードに付属しているDVD-ROMでArtemis!B3C48C871D91(トロイの木馬)が検出されました。CDROM:\BootDrv\P20779.exe検出したソフトウェアは、McAfeeさんです。トロイの木馬が検出されました。感染ファイルが使用中のため、トロイの木馬が削除できませんでした。パソコンを再起動すると、感染したファイルが解放され、問題の修復が可能になります。
4. [2010-02-10-1]

2009年1年で160万種類のマルウェア[security][malware][ウイルス][マルウェア]

G Data Softwareから2009年1年間で160万の新種のマルウェアが発生したと報告されています。2007年は13万種程度で、この2年間で10倍以上のマルウェアが増えたことになります。以下の順番にマルェアの構成比率は、トロイの木馬が一番多く、多い順番に並べたリストが下記のものになります。トロイの木馬型ダウンローダーバックドアスパイウェアワームマルウェアの総数は増加しているが、マルウェア種は現象しており、亜種が多く作られているとのことです。マルウェア作成キットというものが販売・流通されていることを考えると、亜種が簡単に作成できることから、ということでしょう。G Data マルウェアレポート―2009年下半期―http://www.gdata.co.jp/press/2009lasthalfMalwareReport.pdfセキュリティのレポートのPDFを直接ブラウザで開く設定になっているのは、いかがなものかと思うけど、考えすぎなのかなぁ。ソーシャルサービス・ソーシャルアプリケーションを悪用すること、スパム配信プラットフォーム、ウイルス配信プラットフォームとして利用することが可能であるため、ソーシャル系サービスを提供するサービルプロバイダは、投稿されるデータのバリデーション・解析を十分にやっていなかければなりません。
5. [2009-12-28-1]

2009年版ウイルス対策ソフト性能評価レポート AV-Comparatives[ウイルス][security]

オーストラリアのNPO AV-Comparatives から 2009年版のウイルス対策ソフト性能評価レポートが公開されました。レポート8つの項目で、16のウイルス対策ソフトの評価をしています。PDFウイルス対策ソフトの評価って難しいですね。個人的にそれぞれのテストをやるのって難しいです。自分でウイルスを飼いたくないし。。。
6. [2009-12-01-1]

Avira AntiVir Personal 日本語化[ウイルス][security]

(株)アビラからウイルス対策ソフト Avira AntiVir Personal 日本語版を無償公開されました。http://www.avira.com/jp/Windows 2000/XP/Vista/7 と 64bitのXP/Vistaに対応しています。非商用かつ私的利用のときのみ利用可能です。このソフトウェアは、ドイツのセキュリティベンダー Avira GmbH が開発しています。
7. [2009-06-22-2]

トレンドマイクロ ウイルスバスター2010 βテスト開始[security][ウイルス]

トレンドマイクロがセキュリティソフト ウイルスバスター2010の公開βテストを開始しました。https://jp.trendbeta.com/pages/βテスト用コミュニティーにユーザ登録すると、無償でダウンロードできます。回答期限: 2009年7月10日 (金)景品: 評価アンケート参加者に抽選で景品をプレゼント!システム要件Windows XP Home Edition/Professional/Media Center Edition 2005/Tablet PC Edition 2005, SP2またはSP3Windows Vista Home Basic/Home Premium/Business/Ultimate (32bit/64bit), SP1, SP2 (SPなしを含む)Windows 7 Starter Kit/Home Basic/Home Premium/Ultimate (32bit/64bit)
スポンサーリンク