マザーボードとケースのLEDやスイッチの配線

提供: 自作パソコン入門
移動: 案内検索
スポンサーリンク

マザーボードをパソコンのケースに設置するときに、LEDや電源スイッチなど配線を接続する必要があります。

読み方

LED
えるいーでぃー

概要

コネクタには、プラスとマイナスがあります。逆につけると、LEDが光らない、スイッチが反応しない、音がでない、といった症状が発生します。間違わずに取り付けましょう。

接続先は、マザーボードのプリントや Q-Connector のプリントを見れば、だいたいわかります。 わからない場合は、マザーボードに付属のマニュアルをよく見てください。

△三角形のマークの意味

LEDや電源スイッチなどの配線には、三角形のマークがついています。三角をプラスに接続します。

黒いケーブルの意味

黒いケーブルをGNDとして判別するケーブルもあります。

ASUSTeK Q-Connector

現代のマザーボードには、コネクタを直接マザーボードに配線せずに、コネクタをまとめ、それをマザーボードのコネクタにつなぐアダプタがついています。ASUSTeKの場合は、Q-Connector(Qコネクタ)と呼ばれています。Gigabyteにも同様のものが付属しています。

関連項目



スポンサーリンク