MacのThunderboltとMini DisplayPort

提供: 自作パソコン入門
移動: 案内検索
スポンサーリンク

AppleのMacについているThunderboltというインターフェースは、ディスプレイやLANアダプタなどのデバイスが接続できます。Thunderboltは、Mini DisplayPortの拡張したものです。

読み方

Thunderbolt
さんだーぼると
Mini DisplayPort
みに でぃすぷれいぽーと
DisplayPort
でぃすぷれいぽーと

概要

Thunderboltのケーブルを利用して、DisplayPortに対応した液晶ディスプレイをMacに接続できます。MacBook Pro に2枚ディスプレイを接続すれば、トリプルディスプレイで利用できます。

ThunderboltとMini DisplayPortの関係

Thunderboltは、Mini DisplayPortを拡張したものです。端子形状は、同じで、上位互換があります。

Thunderbolt(Mini DisplayPort)からディスプレイへの変換

Macから液晶ディスプレイ・液晶テレビへ接続する場合には、以下の変換で接続可能です。

  • Mini DisplayPort <-> DisplayPort
  • Mini DisplayPort <-> DVI
  • Mini DisplayPort <-> VGA

また、HDMIの出力のある場合には、HDMI ケーブルで接続可能です。

Thunderboltと解像度

Mac から HDMI で出力する場合、1980x1024 でしか出せず、Thunderboltを使うと 2560x1440 出せます。 MacBook ProをHDMIケーブルで2560x1440の解像度に対応する液晶ディスプレイに接続したときに、1980x1024しか出ませんでした。ThunderboltのケーブルでDisplayPortに接続した場合には、2560x1440の解像度で利用できました。

Macに液晶ディスプレイ 27インチ 2560x1440を接続する

MacBook Proに液晶ディスプレイを2枚、Thunderboltで接続できます。2枚接続するとMacBook Proの画面も含めて、トリプルディスプレイとして利用できます。

解像度を 2560x1400 にすると少し文字が小さくなりますが、画面が非常に広くなります。文字が小さくなるので、Excel の文字が小さくなる場合には、Excel の表示サイズを100%より大きくするとよいでしょう。

関連項目



スポンサーリンク