PCI Express

提供: 自作パソコン入門
移動: 案内検索
スポンサーリンク

PCI Express (PCI-E, PCIE, PECe)とは、パソコンのマザーボードに拡張カードを接続するためのインターフェース(拡張バス)です。PCI Expressは、PCIスロットの後継で、徐々にPCIはなくなっていっています。ビデオカードは、AGPスロットを利用していましたが、AGPのカードは、今ではPCI Expressのカードになりました。

読み方

PCI Express
ぴーしーあい えくすぷれす

概要

2015年代のマザーボードの拡張スロットは、

  • PCI Express x1
  • PCI Express x16

が用意されています。

PCI Express は何に利用するのか

PCI Expressには、拡張カードを取り付けることができます。 拡張カードの具体例をいくつか列挙します。

  • ビデオカード
  • サウンドカード
  • テレビチューナーカード
  • 無線LANカード
  • PCI Express 対応のSSD

PCI Expressの種類

リンク幅に、いくつも種類があります。

  • PCI Express x1
  • PCI Express x2
  • PCI Express x4
  • PCI Express x8
  • PCI Express x16

リビジョンには、Gen1, Gen2, Gen3, Gen4 があり、それぞれ、帯域が異なります。世代を追うごとに、転送帯域は大きくなっています。

ノートパソコンにはmini PCI Expressがあります

ノートパソコン向けには、mini PCI Express が搭載されています。無線LANボードが取り付けられていることがあります。

PCI Express x16にはx1のカードが挿さります

PCI Express x16のスロットには、PCI Express x1 のカードが取り付けられます。

PCI Express x16にはx4やx8のカードが挿さります

PCI Express x16のスロットには、PCI Express x4やx8 のカードが取り付けられます。

PCI Express に AGP カード は挿さりません

PCI Expressには、AGPのカードは取り付けられません。互換性はありません。

PCI Express のカードは PCI に挿さりません

PCI Expressの拡張カードは、PCIスロットには、取り付けられません。物理的にも電気的にも互換性がありません。

関連項目



スポンサーリンク