Windows8 Windows8.1のセキュリティ対策とウイルス対策

提供: 自作パソコン入門
移動: 案内検索
スポンサーリンク

Windows 8/Windows8.1では、セキュリティ機能が強化され、セキュリティ対策ソフトウェアが不要という考え方も出てきました。

読み方

Windows Defender
うぃんどうず でぃふぇんだー
Microsoft Security Essentials
まいくろそふと せきゅりてぃ えっせんしゃるず

概要

Windows8/Windows8.1では、セキュリティ対策機能が強化されています。セキュリティ対策ソフトウェアが不要という考え方も出てきました。ただし、自衛の難しい人には、やはり、従来通りのセキュリティ対策ソフトウェアが必要かもしれません。

Windows8/8.1で提供されるセキュリティ機能

統合セキュリティ対策ソフトウェア Windows Defender
マルウェア・ウイルス対策
サンドボックス AppContainer
マルウェア・ウイルス対策
SmartScreen
不正なサイト対策
ELAM(Early Load Antimalware)
マルウェア・ウイルス対策

従来のWindowsに提供されていたセキュリティ機能

従来のWindowsには、以下の機能が提供されていました。

  • Windows Defender(ウィンドウズ ディフェンダー)
  • Microsoft Security Essentials(マイクロソフト セキュリティ エッセンシャルズ)

Windows8以前のWindows Defender

Windows7のWindows Defenderは、スパイウェアや望ましくないソフトウェアをネットワークの入り口で防御する機能を提供していました。

Windows8のWindows Defender

Windows8のWindows Defenderは、マイクロソフトのウイルス対策ソフトのMicrosoft Security Essentialsの機能と統合され、統合セキュリティ対策ソフトウェアとなりました。 よって、ウイルス検知や駆除が可能になりました。

ELAM(Early Load Antimalware)ドライバーが搭載され、パソコンが起動する際に、ほかのどのソフトウェアよりも速くウイルス対策ソフトを起動して、マルウェアの脅威を防ぐ機能を提供します。

サンドボックス機能 AppContainer

サンドボックス(sandbox)とは、OSやデータに影響を及ばさないように、隔離したコンテナの中でプログラムを実行するための環境です。 Windows 8 では、 AppContainer と呼ばれるサンドボックスメカニズムが導入されました。

Windowsストアアプリ / Metroスタイルアプリケーションは、サンドボックス AppContainer 内で動作します。

Immersive モードの Internet Explorer のレンダリングプロセスは、 AppContainer で実行されます。

SmartScreen

Internet Explorer 9より導入されている、危険なサイトの警告を表示するための機能です。過信は、禁物です。

関連項目



スポンサーリンク