Windows 10のChromeをバックアップやコピーする方法

提供: 自作パソコン入門
移動: 案内検索
スポンサーリンク

Windows 10のGoogle Chromeのバックアップの取り方やコピーについて説明します。Windows 7 や Windows Vista でも同様です。

読み方

Chrome
くろーむ

概要

Windowsを入れなおしたり、新しいパソコンを購入したときに、前と同じ環境を再現するために、バックアップとコピーを行っています。同じ環境を構築するには、たくさんの設定が必要だったり、元のデータを作成するのが大変だったり、いろいろあると思います。

すでにある環境を新環境を持っていく方法がバックアップです。

Windowsを入れ直しをする場合には、既存のアプリケーションのデータのバックアップを取り、入れなおした環境に復元(コピー)します。

新しいパソコンを購入した場合には、今まで利用していた環境のデータをコピーすれば、簡単に同じ環境が複製できます。

Windows 7 や Windows 8.1 の環境からWindows 10のパソコンにデータをコピーできます。Firefox や Thunderbird, Outlook など様々なアプリケーションのデータをコピーできます。

ここでは、Windows 10のChromeをバックアップについて紹介します。多くのアプリケーションは、同じやり方で同様のことが実現できます。ただし、対象となるディレクトリのパスが異なることがありますので、注意が必要です。

XP は、Windows 10, 8.1, 7 とは異なるディレクトリなので注意が必要です。

Chromeをバックアップする

Chromeをまるごとバックアップするには、以下のディレクトリをコピーします。

C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Google\Chrome\User Data

USBメモリ、USB HDDやNASにコピーします。

Chromeの環境をコピーする

バックアップと同様にコピーしたいOSの環境で、以下の場所にバックアップを展開します。データの持ち運びには、USBメモリがあると便利です。ネットワークを利用して、ファイルの共有の機能を使うこともできます。

C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Google\Chrome\User Data

Windows XP の場合

Windows XP No場合は、以下のディレクトリが対象です。

C:\Documents and Settings\ユーザ名\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\User Data

番外編

Mac OS X では、以下の場所です。

~/Library/Application Support/Google/Chrome/Default

Linux では、以下の場所です。

~/.config/google-chrome/Default

まとめ

  • バックアップしたい環境で C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Google\Chrome をまるごとUSBメモリなどにコピーする
  • 新しい環境の C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Google\Chrome にコピーする

関連項目



スポンサーリンク