データの完全消去

提供: セキュリティ
移動: 案内検索
スポンサーリンク

データの完全消去 とは、ハードディスクなどのメディアから電子データが残留しないように、上書き処理で完全にデータを削除するための手法です。SSDについては、 SSDのデータを完全消去する方法 をご参照ください。

読み方

データの完全消去
でーた の かんぜん しょうきょ

概要

ファイルやディレクトリを削除したり、ストレージなどのメディアをクイックフォーマットをしても、実際にディスク内の電子的なデータが完全に削除されるわけではありません。

ファイルなどの削除は、論理的に inode / FAT(ファイルアロケーションテーブル) などのエントリを削除するだけです。

そのため、実際にデータをディスクから抹消するためには、ランダムな値やゼロなどで上書きする必要があります。1回の上書きで、完全に抹消することができず、3回程度の上書き処理が必要です。

ディスクの完全な削除は、セキュリティのために必要とされます。

Linux で完全削除に使えるコマンド

FreeBSD で完全削除に使えるコマンド

Windows で完全削除に使えるコマンド

使い方

FreBSD / Linux

3回ランダムな値を書き込み、ゼロクリアします。

dd if=/dev/urandom of=/dev/sda1
dd if=/dev/urandom of=/dev/sda1
dd if=/dev/urandom of=/dev/sda1
dd if=/dev/zero of=/dev/sda1

Linux

shred で、デバイス sda1 を3回上書きして、ゼロクリアします。

shred -n 3 -v -z /dev/sda1

Windows

D ドライブの空き領域を3回上書きします。

cipher /w:d:

関連項目



スポンサーリンク