LinuxのCaps LockをCtrlに変更する方法

提供: Ubuntu入門
移動: 案内検索
スポンサーリンク

日本人は、あまりCaps Lockを利用しないのではないか、と考えています。Linux/Unixを利用している方は、Ctrl(コントロールキー)を多用されます。Emacsバインド、Vimバインド,それ以外にもアプリケーションのショートカットキーとしてコントロールキーは、非常によく利用します。Caps Lockのあるキーボードだとうっかり、Caps Lockを押してしまうという事故(?)が頻発してしまうため、Caps Lock を Ctrl にする設定を今までずっと利用してきました。

読み方

Caps Lock
きゃぷす ろっく
Ctrl
こんとろーる

概要

Linuxでは、Caps Lock を Ctrl に変更する方法がいくつもあります。その中で、便利な方法をいくつか紹介します。

権限なしにCaps LockをCtrlに変更する

ウィンドウマネージャが立ち上がっているという前提になります。 以下のコマンドで、Caps LockをCtrlに変更できます。

setxkbmap -option ctrl:nocpas

このコマンドには、以下のメリットがあります。

  • rootの権限が必要ありません。
  • コマンドを実行するのみで、手軽に変更できます。

.Xmodmap で変更する

この方法もX-Windows Systemが前提です。 ~/.Xmodmap に下記の設定を行います。

remove LOCK = Caps_Lock
keysym Caps_Lock = Control_L
add Control = Control_L

以下のコマンドですぐに読み込むことができます。

xmodmap ~/.Xmodmap

関連項目



スポンサーリンク