vimをビルドする

提供: neovim/vim入門
移動: 案内検索
スポンサーリンク

vimを独自ビルドする方法についてご紹介します。vimを独自ビルドすることで、パッケージでは提供されていない機能を有効にして効率化を図ったり、最新のvimを使用することができます。ただし、vimの管理が煩雑になるため、あまりお勧めはできません。基本的には、パッケージで提供されているvimを利用するが楽に管理できるでしょう。

読み方

vimをビルドする
ぶいあいえむ をびるどする

概要

vimだけの話ではありませんが、自分でパッケージをビルドする、ということはどういう意味なのかを説明します。また、自分でビルドする手順についても説明します。

なぜ独自にビルドするのか

独自ビルドのメリットとデメリット、パッケージ管理のメリットデメリットが存在します。

独自ビルドのメリット

ソフトウェアを独自にビルドするメリットは、どういったものがあるでしょうか?

  • CPU依存の最適化ができる
  • 適切な機能だけを選択し、不要な機能をオフにできる
  • カレントのソースを追いかけることができる

独自ビルドのデメリット

  • 自分でバージョン管理をしなければならない
  • ソフトウェア管理システムの恩恵が受けられない
  • ビルドできないときに、どうしても、がんばらないといけないなら、自分でがんばって解決しないといけない
  • とってくるソースコードのバージョン・リビジョンの見極めが必要です。
  • ビルド環境を自分で構築しなければなりません。
    • 依存関係を自分で解決しなければなりません。
    • ヘッダファイルなど普段はいらないパッケージをたくさん入れないといけません。

パッケージのメリット

  • ソフトウェア管理システムにお任せできる
    • 自分でソースを管理して、ビルドする必要はない。
    • 自分でビルドしないから、ビルドの失敗で四苦八苦することもない
  • セキュリティフィックスも誰かがちゃんと面倒みてくれる(でしょう)

パッケージのデメリット

パッケージで提供されているもののデメリットと思われるものは、いくつかあげてみます。

  • CPU依存の最適化ができない。
  • パッケージで提供されているバイナリのビルドオプションが不適切
    • 必要な機能がオフになっていて、便利な機能が使えない
    • いらない機能がオンになっている
  • カレントのソースコードにある機能が使えない

独自ビルドを実践する方法

基本的には、以下の手順となります。

  • ビルド環境の構築
  • ソースコードの取得
  • configure スクリプトの実行
  • ビルド
  • インストール

環境ごとのビルドの方法を説明

最後に一言

パッケージを独自にビルドしていいのは、自分でそのパッケージを管理する覚悟のあるヤツだけだ、です。

関連項目



スポンサーリンク