vim 8.0の新機能を解説します

提供: neovim/vim入門
移動: 案内検索
スポンサーリンク

vim 8.0 は 2016年9月12日にリリースされました。vim 8.0 は、バグ修正のほかに、機能拡張も行われています。ここでは、vim 8.0 の新機能を解説します。

読み方

vim 8.0
ぶいあいえむ はってんぜろ

概要

vim 8.0 では、いろいろな機能が追加されました。非同期機能やラムダのサポート、オフィシャルなパッケージ管理機能など、vimが格段にパワーアップしています。vim 8.0 の機能拡張を紹介します。

vim 8.0 の新機能のサマリ

channel
非同期I/Oをサポート
job
ジョブ機能による非同期コマンド実行
timer
非同期のタイマー実行
lambda(ラムダ), closure(クロージャ)
ラムダがサポート
packages
パッケージ管理のサポート
test-functions
vim 開発者向けのテストフレームワークの提供
Windows IDs(ウィンドウID)
ウィンドウ管理にユニークなIDで管理できるAPIの追加(win_getid(), win_id2win())
viminfo-timestamp
タイムスタンプを利用した viminfo
breakindent
インデントをつけた折り返し
Windows DirectX
Windows 環境では DirectX (DirectWrite) がサポートされました
GTK+3
GTK+3 がサポートされました
Visualモード時のC-a/C-x
ビジュアルモードで選択した範囲の数値のインクリメント・デクリメント
defaults.vim
.vimrc がない場合にロードされる既定値

関連項目



スポンサーリンク