tmux

提供: FreeBSD入門
移動: 案内検索
スポンサーリンク

tmux とは、GNU Screen(screen)のような仮想端末管理ソフトウェアです。1つのターミナルで複数の画面(シェル)を持ち、切り替えることができます。この手のソフトウェアの魅力の1つは、アタッチとデタッチの機能です。tmux内のシェルは、sshなどの接続が切れても、シェルやそのシェルから派生したプロセス(vimなどのエディタなど)も含め、維持されます。

読み方

tmux
てぃーまっくす

概要

tmux は、サーバクライントモデルです。tmuxを起動するとtmuxのサーバプログラムが起動されます。

tmuxは、画面分割(水平分割、垂直分割)ができます。 tmuxは、コピーモードを持っており、画面をさかのぼって、コピーすることができます。マウスなしで、キーボードだけで、範囲選択をして、コピーできます。

インストール

sudo pkg install tmux

設定

設定ファイルは、 $HOME/.tmux.conf です。

#
# .tmux.conf
#
# Customized by kaoru
#
 
# 256 色で起動する
# alias tmux='tmux -2'
 
unbind-key C-b
# Prefix
set-option -g prefix C-z
bind-key C-z send-prefix
 
# C-n/C-p を使えるようにする
# これがないと C-z の Cntl を押しっぱなしで、n/p が押せない。
unbind C-n
bind-key C-n next-window
unbind C-p
bind-key C-p previous-window
 
## 後方スクロール行数(default 2000)
set-option -g history-limit 10000
 
# ステータスバーを白地
set-option -g status-bg colour7
set-option -g status-fg black
set-window-option -g window-status-current-fg white
set-window-option -g window-status-current-bg colour12
set-window-option -g window-status-current-attr bold#,underscore
# マウスを利用する
set-option -g mode-mouse on
set-option -g mouse-resize-pane on
set-option -g mouse-select-pane on
set-option -g mouse-select-window on
 
# Emacs like window split
bind 1 break-pane
bind 2 split-window -v
bind 3 split-window -h

使い方

tmuxの起動

$ tmux -2

tmuxのセッションを調べる

$ tmux ls

tmuxをアタッチする

$ tmux a

関連項目



スポンサーリンク