Javaの例外

提供: Java入門
移動: 案内検索
スポンサーリンク

例外とは、プログラムの実行中に発生したエラーのことを「例外」と呼び、「例外が発生した」と表現します。発生した「例外」に応じた処理(エラー処理)を「例外処理」と呼びます。Javaでは、Exceptionクラスなどのクラスとtry/catch/finally分で例外処理を行います。

読み方

例外
れいがい
Exception
えくせぷしょん

概要

Java では、このように例外をthrowで投げ、catchで受け取ります。

public class Exception1
{
        public static void main(String[] args) {
                try {
			throw new Exception("One");
                } catch (Exception e) {
                        e.printStackTrace();
                }
        }
}

詳しくは、各ページで説明します。

例外

関連項目



スポンサーリンク