WindowsでUSBキーボードだけをUS配列として使う方法

提供: 自作パソコン入門
移動: 案内検索
スポンサーリンク

US配列派(英語配列,英字配列,UNIX配列)で、US配列のキーボードじゃないと、タイピング速度が上がらないけど、日本には、JIS配列(日本語配列)が溢れているとお嘆きの方を主に対象としたページです。JIS配列のWindowsのノートパソコンに USBUS配列のキーボードを接続したときに、 ノートパソコンのキーボードは、JIS配列のままで、 USBキーボードだけをUS配列にしたい場合があります。とにかく目的を果たしたい方は、Windows 7 の場合の設定方法 のセクションだけお読み下さい設定は簡単にできます。慣れている方であれば、3分もかからずに達成できます。

読み方

JIS
じす
US
ゆーえす

概要

普段からUS配列キーボードを利用されているUS配列キーボードが大好きな方は、JIS配列のパソコンに遭遇した場合、なんとなく使えるけど、スピードが出ないとか、もうJIS配列は忘れてしまった、といった状況ではないでしょうか。

US配列といっても、 PFUHappy Hacking Keyboard Professionalをお使いの場合は、US配列(UNIX配列)といっても、PFU US配列的なので、ほかのメーカーのキーボードになると US配列でも、一部のキーの配置に混乱するといったこともあります。

前提条件

このページで「達成したいこと」(後述)が目的になってしまったであろう事情をいくつか上げてみました。

  • US配列キーボードがどうしても使いたい
  • 日本語配列のキーボードのついたノートパソコンがある、もらった、会社から支給された
  • ノートパソコン単体で使うときのために、日本語配列設定を英語配列設定にはしなくたない。
  • ノートパソコンのキーボードの配列を英字配列にしてしまうと、家族や周りの人、同僚が操作できなくなるので困る。

達成したいこと JISはJISのまま、USはUSとして

このページで達成したいことは、以下のことになります。

  • JIS配列のノートパソコンのキーボードは、JISままにする
  • USB接続のキーボードは、US 配列で使用する

注意事項

レジストリの設定を直接変更します。間違うとよくわからない状態になってしまうかもしれません。レジストリのバックアップをとってから、行うようにしてください。

Windows 7 の場合の設定方法

以下の手順は、Windows 7 64bit の環境で動きました。おそらく、Windows 10でも同じレジストリキーとなっているので、以下の設定で問題ないと思われます。

  1. レジストリエディタを起動する
    Windows + rファイル名を指定して実行 を開き、 regedit を実行します。
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Services¥i8042prt¥Parameters を開きます。
  3. LayerDriver JPN の値を kbd106.dll から kbd101.dll に変更します。
  4. OverrideKeyboardIdentifier の値を PCAT_106KEY から PCAT_101KEY に変更します。
  5. レジストリエディタを終了して再起動

番外編 配列を全部US配列設定にしてしまう

以下の設定は、ノートパソコンのキーボードもUS配列にしてしまう設定です。

  1. レジストリエディタを起動する
    Windows + rファイル名を指定して実行 を開き、 regedit を実行します。
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Services¥i8042prt¥Parameters を開きます。
  3. LayerDriver JPN の値を kbd106.dll から kbd101.dll に変更します。
  4. OverrideKeyboardIdentifier の値を PCAT_106KEY から PCAT_101KEY に変更します。
  5. OverrideKeyboardSubtype の値を 2 から 0 に変更します。
  6. レジストリエディタを終了し、Windows を再起動します。

やっぱりキーボードは無刻印です

PFU Happy Hacking Keyboard Professional2 墨/無刻印 英語配列 USBキーボード 静電容量無接点 UNIX配列 WINDOWS/MAC両対応 ブラック PD-KB400BN

US配列を買いたい

関連項目



スポンサーリンク