Windows 10 を休止状態にする方法

提供: 自作パソコン入門
移動: 案内検索
スポンサーリンク

Windowsにおける休止状態とは、OSの実行状態をSSDHDDなどのディスクに書き出し、状態を保存することです。休止状態から復帰すると、休止状態に入る前と同じ環境、利用していたソフトウェアがそのままの状態で復元されます。 Windows 10でも同様の機能を利用できますが、デフォルトの状態では、スタートメニューの電源には、表示されません。そのため、コントロールパネルで設定を変更する必要があります。30秒程度で簡単に設定変更できます。

読み方

休止状態

概要

Windows の休止状態とは、非常に素晴らしい機能です。作業中に、どうしても、パソコンの電源を落とさなければならないときに、パソコンの状態をそのまま、保存しておくことができます。開いたままのファイル、開いたままのウェブサイト、開いたままのアプリケーション、そういった、作業中そのものを保存しておくことができます。

スタートメニューの電源オプションに休止状態を表示する方法

スタートメニューの「電源」に「休止状態」を追加する手順は、以下の通りです。

  1. スタートボタンをクリックします。
  2. 「設定」をクリックします。
  3. 「システム」をクリックします。
  4. 「システム」の左側のメニューの「電源とスリープ」をクリックします。
  5. 「電源とスリープ」の下側にある「関連設定」の「電源の追加設定」をクリックします。
  6. 新しいウィンドウで「コントロールパネル>ハードウェアとサウンド>電源オプション 」が表示されます。
  7. 「コントロールパネル>ハードウェアとサウンド>電源オプション」で「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。
  8. 「コントロールパネル>ハードウェアとサウンド>電源オプション>システム設定」で「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。
  9. 「コントロールパネル>ハードウェアとサウンド>電源オプション>システム設定」で下側にある「シャットダウン設定」の「休止状態 電源メニューに表示されます」のチェックボックスをクリックします。
  10. 「変更の保存」をクリックします。

以上で設定変更は完了です。

1-5 のステップは、タスクバーの検索ボックスで「電源オプション」を検索すれば、コントロールパネルの電源オプションをダイレクトに開けます。

使い方

  1. スタートボタンをクリックします
  2. 「電源」をクリックします。
  3. 「休止状態」をクリックします。

以上で、パソコンは、休止状態になります。休止状態に入るためには、メモリの内容をストレージ(SSDHDD)に書き出すため、多少、時間がかかります。パソコンに搭載されているメモリの容量が大きいほど、書き出す量が増えるため、時間が長くかかるようになります。

休止状態から復帰するには、電源ボタンを押すだけで、Windows が再開されます。通常の起動画面ではなく、「再開しています」といった画面が表示されます。

関連項目



スポンサーリンク