デジタル著作権管理

提供: セキュリティ
移動: 案内検索
スポンサーリンク

デジタル著作権管理 (DRM) は、電子機器上のコンテンツの著作権/権利を守るための仕組みです。映像、音楽、画像や書籍の権利を守ります。

読み方

デジタル著作権管理
でじたる ちょさくけん かんり
DRM
でぃーあーるえむ
Digital Rights Management
でじたる らいつ まねーじめんと

概要

DRM は、 Digital Rights Management の略です。 デジタルデータとしてのコンテンツを無限にコピーされることを防ぎます。 コピーガード の一種としての側面もあります。

暗号化することによりコンテンツの保護と利用者の制限をします。

  • コンテンツの内容自体を保護すること
  • 利用者を限定すること

コンテンツを暗号化した場合、復号するための復号鍵()が必要になります。コンテンツの正当なユーザに、その鍵を提供しなければなりません。

DRMを利用しているDVDビデオでは、映像データが暗号化されています。 DVDでは、CSS(Content Scramble System)を利用していました。CSSでは、再生ソフトウェアに暗号化の固定鍵が埋め込まれていました。リバースエンジニアリングによって、あっという間に鍵が知られてしまいました。

Windows Media Player などで利用されている DRM技術では、ネットワークからをダウンロードするモデルがあります。

DRM解除

DRM を解除するためのツールが公開されています。

  • FairUse4WM

関連項目



スポンサーリンク