スポンサーリンク

Webページの検索ページや辞書サイトなどのユーザに入力してもらうことが多いフォームの入力ボックス(inputとか)に対して、画面を表示したときに、あらかじめフォーカスを当てておき、ユーザの利便性を向上させています。

逆に、辞書サイトで入力ボックスにはじめからフォーカスのあたっていない場合は、いきなり入力できないので、不自由を感じずにはいられません。

ページを表示をしたときに、フォーカスを当てるには、JavaScriptのonLoadなどを利用して、実装します。

HTML5では、より簡単に実現する方法が提供されています。

autofocus属性を利用することができます。
この属性は、論理属性です。

サンプルプログラムは以下の通りです。

<form action="" method="POST">
	<input type="text" name="name" value=""
	placeholder="ここにフォーカス"
	autofocus
	>
</form>

例: HTML5対応のブラウザで見てください。


HTML5もいろいろと使える機能がありますね。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
いつもシェア、ありがとうございます!


もっと情報を探しませんか?

関連記事

最近の記事

人気のページ

はてなの人気のブックマーク

スポンサーリンク
 

過去ログ

2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

サイト

Vim入門

C言語入門

C++入門

JavaScript/Node.js入門

Python入門

FreeBSD入門

Ubuntu入門

セキュリティ入門

パソコン自作入門

ブログ

トップ


プライバシーポリシー