スポンサーリンク

このドキュメントの内容は、以下の通りです。

はじめに


イギリスには、買い物をするときなどに、代金には付加価値税(VAT)と呼ばれる税金がかかっています。この付加価値税は、帰国時に全額ではありませんが、取り戻すことができます。取り戻すためには、申請が必要になります。

付加価値税(VAT)とは


付加価値税(VAT)は、 value added tax の略です。
イギリスの場合は、20%です。

付加価値税がかからない条件


  • 非居住者であること
  • 輸出取引であること

返還が受けられるもの


国外で使うことを目的としていれば、付加価値税の返還が受けられます。
つまり、旅行者であれば、「お土産」が該当します。

どのぐらい還付金は返ってくるか?


手数料を引かれるため、還付金は10-13%前後になります。

申請方法は?


購入店で、VAT還付申請用紙を作ってもらい、イギリスの空港で申請手続きを行うことができます。
チェックインカウンターに行く前に、VAT refund desk で申請ができます。
税関の職員に、申請用紙を私、スタンプをもらいます。
税関にあるポストに投函します。

なお、免税の専用レシートを送る先は、複数あるということです。
気を付けて投函してください。レシートに企業名が書いてあります。

申請にかかる時間は?


空いていればという条件がありますが、空港での手続きは、待ち時間を入れて、10分もかかりません。
混んでいるときは、もっと時間がかかるかもしれませんので、余裕をもった行動が必要です。

購入店で行うこと


商品を買うときに、VAT還付申請用紙を作ってもらいます。
これは、店舗ごとに行う必要があります。

ハロッズの場合


商品を買ったあとに、2階の Tax Free Bureau で手続きをします。
複数のブランドで買い物をしても、まとめて2階で申請用紙を作ってもらえます。

還付金はどのように返ってくるか?


クレジットカードで購入し、返金方法をクレジットカードにしていたため、還付金はクレジットカードに返ってきました。
空港のカウンターで現金でもらうこともできるようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
いつもシェア、ありがとうございます!


もっと情報を探しませんか?

関連記事

最近の記事

人気のページ

はてなの人気のブックマーク

スポンサーリンク
 

過去ログ

2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

サイト

Vim入門

C言語入門

C++入門

JavaScript/Node.js入門

Python入門

FreeBSD入門

Ubuntu入門

セキュリティ入門

パソコン自作入門

ブログ

トップ


プライバシーポリシー