スポンサーリンク

このドキュメントの内容は、以下の通りです。

書込性能のパフォーマンスの改善


  • commit log と data ディレクトリ(SSTable) を別々のディスクに書き込む
  • 書込(write)は、 commitlog(速い)に書き込まれ、メモリにロード(本当に高速)されます。この点は、高速化する方法は、ありません。

読み込み性能パフォーマンスの改善


Compaction


Compaction のプライオリティを下げる。

-XX:+UseThreadPriorities \
-XX:ThreadPriorityPolicy=42 \
-Dcassandra.compaction.priority=1 \

JVM


Compressed Referenceを有効にし、64bit JVM上でメモリオーバヘッドを減少させます
-XX:+UseCompressedOops

ファイルシステム


  • xfs or ext4fs を使用する。
    • ext2/ext3 では、巨大なファイル削除時が多量のseekを要する。

メモ


Cassandra Java のチューニング

JMS_OPTS="
-da \
-Xms1024M \
-Xmx1024M \
-XX:+UseParallelCG \
-XX:+CMSParallelRemarkEnabled \
-XX:SurvivorRatio=4 \
-XX:MaxTenuringThreshold=0"

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
いつもシェア、ありがとうございます!


もっと情報を探しませんか?

関連記事

最近の記事

人気のページ

はてなの人気のブックマーク

スポンサーリンク
 

過去ログ

2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

サイト

Vim入門

C言語入門

C++入門

JavaScript/Node.js入門

Python入門

FreeBSD入門

Ubuntu入門

セキュリティ入門

パソコン自作入門

ブログ

トップ


プライバシーポリシー