スポンサーリンク

The TrustedBSM ProjectがOpenBSM1.0を公開しました。
FreeBSD 6.3とFreeBSD 7.0のフルリリースだそうです。

OpenBSM is the core user space component of the TrustedBSD Audit
Implementation for FreeBSD, providing tools, libraries, and include
files. OpenBSM ships with FreeBSD 6.2 and later, with the first full
release of OpenBSM (1.0) in FreeBSD 6.3 and FreeBSD 7.0.


OpenBSMは、Open Source Basic Security Moduleです。

FreeBSDでも SolarisのBSM(Basic Security Module:
ベーシックセキュリティモジュール)が動作するのですね。

SUNSolarisのBSMサービスの管理
http://docs.sun.com/app/docs/doc/816-3967/6ma7a67j5?l=ja&a=view

sudo suやsudo csh(shell)をすると /var/log/messages にそれ移行の
root権限の記録が残らなくなってしまうのですが、
BSMだとsuした後のアクションも元のアカウントが解るので、追跡性が高いです。

OpenBSMについては下記のページを参照してください。
http://www.trustedbsd.org/openbsm.html

OpenBSMという文字列は、非常に打つのに辛い文字列ですね。
少しでも気を抜くと、OpenBSDと打ってしまいます。。

portsにもopenbsmがあります。
/usr/ports/security/openbsm


スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
いつもシェア、ありがとうございます!


もっと情報を探しませんか?

関連記事

最近の記事

人気のページ

はてなの人気のブックマーク

スポンサーリンク
 

過去ログ

2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

サイト

Vim入門

C言語入門

C++入門

JavaScript/Node.js入門

Python入門

FreeBSD入門

Ubuntu入門

セキュリティ入門

パソコン自作入門

ブログ

トップ


プライバシーポリシー