スポンサーリンク

Unixの魅力の1つにシェル(shell)があります。
ホームポジションに手を置いたまま、あらゆるオペレーションができることは素晴らしいです。

コマンドによって、一時的な環境変数をセットして、コマンドを実行したいことがあります。コマンドを打つたびに、環境変数をセットし、コマンドを実行してから、また元の環境変数の値に戻すというやり方は、非常に面倒ですし、打ち間違いによるミスを誘発しやすくなります。

sh系のシェル sh/bash/zsh
では、コマンドのまえに、コマンドに渡したい環境変数をセットして実行することができます。

環境変数 HOGE に abc をセットし、 makeworld.sh
を実行することになります。現在のシェルの HOGE には影響はありません。

HOGE=abc makeworld.sh


csh系のシェル csh/tcsh
では、コマンドのまえに、コマンドに渡したい環境変数をenvコマンドでセットして実行することができます。

環境変数 HOGE に abc をセットし、 makeworld.sh
を実行することになります。現在のシェルの HOGE には影響はありません。

env HOGE=abc makeworld.sh


csh系とsh系の違いは、envコマンドがあるか、ないかになります。

aliasに一時的な環境変数をセットするなら、
csh系

alias jman 'env W3MMAN_MAN=jman w3mman'

sh系

alias jman='W3MMAN_MAN=jman w3mman'

といった感じになります。

参照しているページ (サイト内): [2009-03-29-1]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
いつもシェア、ありがとうございます!


もっと情報を探しませんか?

関連記事

最近の記事

人気のページ

はてなの人気のブックマーク

スポンサーリンク
 

過去ログ

2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

サイト

Vim入門

C言語入門

C++入門

JavaScript/Node.js入門

Python入門

FreeBSD入門

Ubuntu入門

セキュリティ入門

パソコン自作入門

ブログ

トップ


プライバシーポリシー