スポンサーリンク

このドキュメントの内容は、以下の通りです。

PHPでHTTPで通信してコンテンツを取得したりするときにcurlをよく利用します。ZendFrameworkでは、Zend_Http_Clientという接続アダプタが用意されています。
結構簡単に使えます。

サンプルコード


http_client.php

<?php
include 'Zend/Http/Client.php';

$url = 'http://www.yahoo.co.jp/';
try {
	$client = new Zend_Http_Client($url);
	$response = $client->request();
	$status = $response->getStatus();
	if ($status == 200) {
		$body = $response->getBody();
		// 取得したコンテンツを表示します。
		echo $body;
	} else {
		// 200以外のステータスだったら、エラーを表示します。
		error_log ( "$status : " . $response->getMessage () );
	}
} catch (Zend_Http_Client_Adapter_Exception $e) {
	error_log($e);
}

実行方法


php http_client.php

Zend関連記事


[2009-01-11-1] FreeBSDにPHPフレームワーク Zend Frameworkをインストールする
[2009-01-14-1] PHP ZendFrameworkでOpenIDを使う方法
[2009-01-16-1] ZendFramework Zend_Db_Adapterの使い方
[2009-01-17-1] ZendFramework Zend_Db_Tableの使い方 データを挿入する
[2009-01-18-1] ZendFramework Zend_Db_Tableの使い方 データをSELECTする
[2009-03-16-1] PHPフレームワーク ZendFramework 1.7.7 リリース
参照しているページ (サイト内): [2009-05-21-3] [2009-05-21-2] [2009-04-29-1]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
いつもシェア、ありがとうございます!


もっと情報を探しませんか?

関連記事

最近の記事

人気のページ

はてなの人気のブックマーク

スポンサーリンク
 

過去ログ

2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

サイト

Vim入門

C言語入門

C++入門

JavaScript/Node.js入門

Python入門

FreeBSD入門

Ubuntu入門

セキュリティ入門

パソコン自作入門

ブログ

トップ


プライバシーポリシー