スポンサーリンク

このドキュメントの内容は、以下の通りです。

はじめに


みんな大好き zshsshのお話です。 zshといいつつ、どのシェルでもだいたい同じことができます。

csh/tcsh 時代に keychain を使っていたのですが、zsh に変えて、いつのまにか、keychain がいなくなったりと、不便になったので、メモを書きます。

sshssh-agentがないと厳しいです。 ssh するたびに、パスワードやパスフレーズの入力を求められます。
ssh-agentを使用すれば、認証が簡単になります。

ssh-agent は、1つだけ起動すればいいのですが、プロセス管理や環境変数を扱わないといけないので、自前でいちいちやるのは、大抵の場合、面倒です。それを簡単にするために、keychainがあります。

もう 10年以上お世話になり続けています。

keychain とは


keychain は、ssh-agentのための、ユーザフレンドリーなフロントエンドとして動作するシェルスクリプトです。ssh-agent をうまく扱ってくれます。

keychainのインストール


keychain のインストールは、FreeBSD の場合は、以下の通りです。

sudo pkg install keychain

設定


.zshenvに下記の設定を加えます。

[[ -f $(which keychain 2> /dev/null) ]] && \
	keychain --nogui --quiet id-rsa

[[ -f $HOME/.keychain/$HOSTNAME-sh ]] && \
	source $HOME/.keychain/$HOSTNAME-sh

これを設定しておけば、ログインするたびに、 keychain を実行して、必要に応じて、環境変数をセットしてくれます。

まとめ

  • keychain を使うと ssh-agent をうまくやっておいてくれる
  • ssh-agent でパスフレーズレスに生活できる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
いつもシェア、ありがとうございます!


もっと情報を探しませんか?

関連記事

最近の記事

人気のページ

はてなの人気のブックマーク

スポンサーリンク
 

過去ログ

2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

サイト

Vim入門

C言語入門

C++入門

JavaScript/Node.js入門

Python入門

FreeBSD入門

Ubuntu入門

セキュリティ入門

パソコン自作入門

ブログ

トップ


プライバシーポリシー