スポンサーリンク

このドキュメントの内容は、以下の通りです。

はじめに

この記事は、 Intelの660P 512GB ( SSDPEKNW512G8XT )です。

M.2 接続の Intel 760P 512GBを春頃購入しました。767Pは、リード 3000M以上出る、非常に高速なSSDです。

WSL などを使い始めたこともあって、Cドライブがいっぱいになってきました。仮想マシンのイメージファイルがSSDでないと、非常に遅いのですが、Cドライブにおけなくなってしまったので、仮想マシン用のデータ置き場として、SSDの増設を考えました。

はじめは、M.2接続ではなく、SATAの2.5インチのSSDでも買おうかと思ったのですが、差額3000円程度だったので、M.2のSSDも考えてしまいました。さらに4000円出すと760Pがもう1つ買えるので、そこもさらに悩みどころでした。

また、M.2のスロットがマザーボードに1つしかなかったため、M.2からPCI-Expressに変換するボードも必要になりました。

660Pシリーズのスペック

Intel 660P シリーズのスペックは、だいたいこんな感じです。
型番 SSDPEKNW512G8X1 SSDPEKNW010T8X1 SSDPEKNW020T8X1
容量 512GB 1024GB 2048GB
シーケンシャルリード 1500MB/s1800MB/s1800MB/s
シーケンシャルリード 1000MB/s1500MB/s1500MB/s
TBW 100TBW 200TBW 200TBW

512GBよりも1TB(1024GB)や2TB(2048GB)のほうが読み書きが速いです。耐久性(TBW)も1TBと2TBが512GBの倍です。

512GBモデルの660Pと760Pの比較

512GBに限定した比較になります。
760PはTLC NANDです。
760Pは660Pの上位シリーズなので、760Pのほうが速いです。
シリーズ 660P 760P
型番 SSDPEKNW512G8X1 SSDPEKKW512G8XT
容量 512GB 512GB
シーケンシャルリード 1500MB/s3230MB/s
シーケンシャルリード 1000MB/s1625MB/s
TBW 100TBW 288TBW

760P 512GBは16000円から17000円ぐらいなので、3000-4000円の差額で、リードのスピードが2倍になります。

660PとSATA SSDを比較する

CrucialのMX500の512GB(CT500MX500SSD1)だと1万円程度で買えます。660P 512GBは13000円ぐらいです。
3000円の差で、リードが3倍速くなります。
メーカーIntel Crucial
シリーズ 660P MX500
IFPCI-ExpressSATA
型番 SSDPEKNW512G8X1 CT500MX500SSD1
容量 512GB 500GB
シーケンシャルリード 1500MB/s560MB/s
シーケンシャルリード 1000MB/s510MB/s
TBW 100TBW 200TBW

QLCってなに?


SSD の NANDフラッシュには、 SLC, MLC, TLC があったんですが、今度は QLC が出てきました。はじめて目にする方も多いのかもしれません。

レベルセルのことをSLC や MLC と呼んでます。
NANDフラッシュ レベルセル
SLC シングル
MLC マルチ
TLC トリプル
QLC クアッド

M.2からPCI-Expressへの変換


現在使用しているマザーボードには、M.2 のスロットが1つしかありません。そして、すでにそのスロットを利用しています。そのため、M.2のSSDを追加するためには、 M.2 から PCI-Express に変換するボードが必要になりました。

今回は、玄人志向 M.2-PCIe を使うことにしました。1600円ぐらいで買えます。

取付方法


マザーボードには、 玄人志向の M.2-PCIe を接続して、 M.2-PCIe に Intel 660P 512GB を取り付けました。

パソコンの電源が一度切れて自動的に起動しなおす


M.2-PCIe を接続するスロットが2つしかなかったのですが、片方にとりつけると、パソコンの電源を入れたときに、いったん、電源が切れて、数秒後に自動的に電源が入りなおして、ふつうに起動しました。もう1つのスロットでは、そういった現象がありませんでした。

一度電源が落ちる症状は、おそらく、UEFI (BIOSの後継) がデバイスを探しにいく処理の関係だと思われます。

CrystalDiskMarkでのベンチマーク


新しいストレージをパソコンに取り付けたら、ベンチマークされる自作erの方が多いのではないかと思いますが、CrystalDiskMarkでベンチマークをとりました。

NTFS でフォーマットしただけの状態でベンチマークをとりました。

Read MB/s Write MB/s
Seq Q32T1 1599.2 977.1
4KiB Q8T8 344.0 767.2
4KiB Q32T1 342.9 322.0
4KiB Q1T1 55.81 130.1

なかなかの数字です。

M.2からPCI-Expressの変換とパフォーマンス


M.2からPCI-Expressに変換するボードをつけたら、M.2 SSDのスピードが出ないのではないか?という疑問もありましたが、今回使ってみた結果(ベンチマーク)からは、問題ないスピードが出ていると思います。

変換ボードなしのベンチマークができていないのですが、Readで1599.2MB/s出ているので、カタログ通りのスピードが出ていると思います。

耐久性について


NANDフラッシュが QLC ということで、 TLC の 760P に比べれば、よろしくない、ということになるのですが、 TBW を見る限りでは、100TWB とのことなので、今まで使っていた SSD と変わらないので、一般家庭での利用においては、耐久性が問題になることはないと思われます。

まとめ


  • 高くても速いのが欲しい人は Intel 760P を買いましょう
  • 高くても耐久性が欲しい人は Intel 760P を買いましょう
  • 安くてそこそこ速いのが欲しい人は Intel 660P でいいと思います
  • M.2からPCI-Expressに変換するボードを利用しても、読み書き性能は落ちないと思われます

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
いつもシェア、ありがとうございます!


もっと情報を探しませんか?

関連記事

最近の記事

人気のページ

はてなの人気のブックマーク

スポンサーリンク
 

過去ログ

2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

サイト

Vim入門

C言語入門

C++入門

JavaScript/Node.js入門

Python入門

FreeBSD入門

Ubuntu入門

セキュリティ入門

パソコン自作入門

ブログ

トップ


プライバシーポリシー