スポンサーリンク

digやnslookupコマンドでSPFを調べる方法について書きましたが、hostコマンドでも調べることが可能です。

% host -t TXT yahoo.co.jp
yahoo.co.jp descriptive text
"v=spf1 include:spf.yahoo.co.jp ~all"

includeの中を引いてみます。

% host -t TXT spf.yahoo.co.jp
spf.yahoo.co.jp descriptive text
"v=spf1 include:spf01.yahoo.co.jp
include:spf02.yahoo.co.jp
include:spf03.yahoo.co.jp
include:bulk-spf.yahoo.co.jp ~all"

さらに spf01.yahoo.co.jp を引いてみます。

% host -t TXT spf01.yahoo.co.jp
spf01.yahoo.co.jp descriptive text
"v=spf1
ip4:124.83.147.0/24
ip4:124.83.153.0/24
ip4:124.83.165.0/24
ip4:124.83.168.0/24
ip4:124.83.170.0/24
ip4:124.83.178.0/23
ip4:124.83.181.0/24
ip4:124.83.195.0/24
ip4:124.83.200.0/24
ip4:124.83.212.0/24
ip4:124.83.218.0/24
ip4:202.93.80.0/24
"
"ip4:202.93.83.0/24
ip4:202.93.84.0/23
ip4:202.93.86.0/24
ip4:202.93.88.0/24
ip4:202.93.90.0/24
ip4:203.141.34.0/24
~all"

nslookupやdigよりも出力が少ないので、使いやすいかもしれないですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
いつもシェア、ありがとうございます!


もっと情報を探しませんか?

関連記事

最近の記事

人気のページ

はてなの人気のブックマーク

スポンサーリンク
 

過去ログ

2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

サイト

Vim入門

C言語入門

C++入門

JavaScript/Node.js入門

Python入門

FreeBSD入門

Ubuntu入門

セキュリティ入門

パソコン自作入門

ブログ

トップ


プライバシーポリシー