スポンサーリンク

このドキュメントの内容は、以下の通りです。

はじめに


ソフトウェアの開発には、テストコードが必要になります。プログラミングをしながら、テストコードを書いたりしますが、テストコードを書くために、新たにテスト用のプログラムを作ったり、printf()デバッグするのは大変面倒です。

ユニットテストとは


ユニットテスト(単体テスト)は、プログラムの小さい単位(ユニット)が正しく動作することを検証するためのテストです。結合される前にテストが行われていると、問題の原因の特定や修正がしやすくなります。

C言語でのユニットテストは

ユニットテストのツールは、各言語ごとに作られていたりしますが、C言語では CUnit というフレームワークがあります。

インストール

Ubuntu 環境では libcunit1-dev / libcunit1 というパッケージをインストールします。
sudo apt install libcunit1-dev

コンパイル方法

cc -L/usr/lib/ -lcunit ./test.c

コンパイル時のエラー

コンパイルすると以下のエラーに遭遇しました。
cc -L/usr/lib/ -lcunit ./test.c
/tmp/ccVLODLL.o: In function `main':
test.c:(.text+0x10): undefined reference to `CU_initialize_registry'
ここでいう cc コマンド(Cコンパイラ)は、 gcc 5.4.0 でした。

コンパイルエラーの解決方法

gcc が悪いのかと思い、 clang-5.0 を使ってみたところ、エラーが解決しました。
clang-5.0 -L/usr/lib/ -lcunit ./test.c

まとめ

コンパイルできない場合には、コンパイラを変えてみる、という発想もあるとよいのですね。ただし、必ずしもコンパイラを変えられるとは限らないところが、今回の対処方法のいまいちなポイントですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
いつもシェア、ありがとうございます!


もっと情報を探しませんか?

関連記事

最近の記事

人気のページ

はてなの人気のブックマーク

スポンサーリンク
 

過去ログ

2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

サイト

Vim入門

C言語入門

C++入門

JavaScript/Node.js入門

Python入門

FreeBSD入門

Ubuntu入門

セキュリティ入門

パソコン自作入門

ブログ

トップ


プライバシーポリシー