スポンサーリンク

このドキュメントの内容は、以下の通りです。

イベント駆動HTTPサーバ


libeventは、シンプルなイベント駆動HTTPサーバを提供します。
プログラムの中に組み込むことが可能です。
HTTPリクエストのサービスとして使うことができます。

この機能を使うために、まず evhttp.h ヘッダファイルをインクルードします。evhttp_new()を呼び出してサーバを作成します。evhttp_bind_socket()を使ってアドレスとlisten(リッスン)用のポート番号を追加します。インカミングリクエストをハンドルするためのコールバックを複数登録することが可能です。それぞれのURIに対して evhttp_set_cb()関数でコールバックを割り当てることができます。汎用のコールバック関数は、evhttp_set_gencb()で登録することができます。このコールバックは、URIに対して登録されたコールバックが見つからないときに、呼び出されます。

RPCサーバとクライアントのフレームワーク


libeventはRPCサーバとクライアントを作るためのフレームワークを提供します。

[2008-11-29-1] libeventとは イベント通知とI/Oバッファ
[2008-11-30-1] libeventとは タイマーとタイムアウト
[2008-12-02-1] libeventとは イベント駆動HTTPサーバ
[2008-11-28-1] libeventを使った簡易tailコマンド
参照しているページ (サイト内): [2008-12-02-1]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
いつもシェア、ありがとうございます!


もっと情報を探しませんか?

関連記事

最近の記事

人気のページ

はてなの人気のブックマーク

スポンサーリンク
 

過去ログ

2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

サイト

Vim入門

C言語入門

C++入門

JavaScript/Node.js入門

Python入門

FreeBSD入門

Ubuntu入門

セキュリティ入門

パソコン自作入門

ブログ

トップ


プライバシーポリシー